HOME > 東一だより


五町田酒造に関する最新情報や酒造りのこと、
東一をお取り扱いいただいております全国の店舗様の情報などを
随時更新いたします。
ご質問・お問い合わせ等は、メール、電話、ファックスにてお知らせください。
2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
仕込6号 玉あわです

仕込6号は純米吟醸で11月4日に留仕込みをしました。泡は醗酵が進むと同時に変化してゆきます。だんだん高くなって、3日前まで泡があふれ出ないように、手造りのプラスチック製、円筒形泡傘をタンクに取り付けておりました。昨日昼ごろから泡が落ち始めて、それを取り外しましたが、今日の午後には泡がおちて、大きな玉あわが現われました。泡がつながり、次第に合体して一番大きなものですと直径が40cmぐらいまでなります。でも、すぐに割れてなくなりますが、また、次のが現われます。この時しか見れない、いつまでも見ていてあきない、泡、あわ、泡です。

午後2時ごろです

IMG_3806

午後4時ごろです、小さくなりました

IMG_3809

仕込1号の上槽です

今日から仕込1号を上槽します。これは上撰東一ですので、醸造アルコール、糖類、酸味料を加えてから搾ります。醗酵タンクから液体輸送用の機械を使用し、自動圧搾機に入れます。搾れたお酒を、輸送ポンプを使用し、別のタンクに貯めます。搾れたお酒を原酒と言いますが、アルコール分は19度あります。この後は、原酒のまま火入れ(低温加熱殺菌)し、タンクに貯蔵し、ゆっくり熟成させます。

IMG_3801

IMG_3799

搾れ出てくる所を調べる担当;古川

IMG_3800

原酒;新酒です

IMG_3798

仕込3号粕はがしです

昨々日から仕込3号(東一特撰)を上槽(じょうそう)しています。出来上がったお酒を搾ることを上槽と呼んでいます。今朝2回目を搾り終えて、その酒粕を機械からはがしました。現在使用している自動圧搾機の前は、槽(ふね)と呼ばれる大きな木製の箱のなかに、出来上がったお酒を酒袋に入れ、それを横にして積み上げて搾っていました。現在でもこの方法で搾っている蔵も多々あります。

粕をはがしている鶴田(奥)、古川

この機械で搾るので板状の酒粕となります

IMG_3793